2013年10月27日

平中が侍従の君に懸想した話

神社.gif今昔物語にこんな恋のお話がある。

昔、兵衛の佐平定文(すけたいらのさだふみ)通称を平中(へいじゅう)と言う人がいた。
人品賤しからず、容貌風采麗しく、一等級の美男、とてももてた。

その平中が出入りする本院の大臣、藤原時平の屋敷にいる侍従の君と呼ばれる女房の噂を耳にする。
眉目容姿、心ばえすぐれ、とてもステキである。というのである。

天下の美男が噂に恋をするのである。
当時の上流階級の男達は、うわさに恋をするのが当たり前だったようである。

恋文を送ったが返事をくれない。
ますます恋心はつのるばかり。
「せめて、私の手紙を(見た)という、その見の字、たの字の二文字だけでもいいから返事をたまわれ」と書き送った。

さすがに返事が来た。  
心ときめかせて返事をみると、そこには自分の送った手紙から破りとって紙に貼り付けた(見た)の二文字があるだけだった。

「ええい、やめたやめた、これできっぱりあきらめよう」とも思ったが、やはり心がしずまらない。
ますます乱れて治まらない。

・・・心乱れる雨の夜、真っ暗な夜。
「ああ、こんな雨の夜に訪ねてゆけば心が動くのではあるまいか」と思い、真っ暗な雨の降りしきる中を本院に向かうのであった。
posted by 敏文 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月19日

チャナメツムタケ

ちゃなめ.gif
posted by 敏文 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月16日

ドクベニとカラハツ

どくべに.gif「おっキノコだ」と近づきたくなるキノコの一つ、ドクベニタケ。  最近はあまり騙されなくなり、遠くからもドクベニかなあ、と判るようになったが、初心者のころにはこの色香によく騙されたものだ。
カラハツタケ.gifこちらはカラハツタケというからにはからいのだろう、食べたことはない。  フサフサがオシャレである。
posted by 敏文 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月13日

語録−42

山の中のポチ.gif説教をするのはジジイの大切な役目である。
しかしながら、小言ばかりいうジジイは早めに捨ててしまった方がよい。
posted by 敏文 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月10日

ハナイグチがいっぱい

ハナイグチ群生−1.gif朝目を覚ますと車のまわりにハナイグチがいっぱい。   目覚めてから夢のような光景を見た。
ハナイグチ群生−2.gif以前から図鑑に出ているようなみずみずしいハナイグチの群生を一目みたいものだとあこがれていたのだが、今回は実現した。
ハナイグチ群生−3.gifハナイグチの事は以前にも何度も書いたと思うが、小学校の遠足で始めて採ったきのこである。  松本近辺ではジゴボウと呼ぶ。
担任の宮下先生も「ジゴボウだ、食べられる」と言っていた。
ハナイグチ群生−4.gifとても香り高い。
posted by 敏文 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月09日

ベニテングタケと

ベニテングタケ群生−1.gifベニテングタケの群生に遭う、ことしは毒きのこも豊作のようだ。 よくファンタジーのビジュアルを飾るキノコはこれとヤマドリタケのあいのこであろうか、こんな笠に太いからだをしている。
毒きのこの代表である。
ベニテングタケ群生−2.gifとてもおしゃれでステキなスカートも穿いている。
TAMAGOOOOTAKEEEE.gif
こちらは以前も登場したスタイルが一緒で、白の斑点がない同じテングタケ科のタマゴタケ、こちらは人気者である。

雨でベニテングタケの白い斑点が取れてうり二つになることがある。

軸が黄色いのがタマゴタケである。
posted by 敏文 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月06日

初まつたけ

まつたけ−1.gifニセアブラシメジ(クリフウセンタケ)を採りにあの場所へ・・・としばらくして木陰を見るとマツタケのようなものが二つ、掘り出してみると随分大きい。 確かにでかいマツタケである。 マツタケを採ったのは始めて、しかも大きいのが二本。
60歳の誕生日のおまけがまだ続いていた。

まつたけ−2.gifキノコやさんに見せると、おおすごい、凄いと絶賛された。 キノコやさんにうらやましがられたのは始めてである。

どうもキノコ屋さんは苔に埋もれたマツタケばかり採るらしく、小さい内に採ってしまうわけで、プロの悲しさというところだろうか。  素人は埋もれていたら見つけられないから時々大きく成長したうらやましい大物が採れるということだろう。

キノコ屋さん曰く、同じ所に生えてくるから場所を憶えておくとまた採れる・・・ということだが一生に一度の事ではないか、と思っている。

ツガに生えるマツタケ・・・確かに素晴らしい香りである。  切るとマツタケではあるが少しフルーティーな洋なしと松茸の香りをミックスしたような・・・ああ、こんな香りなのでもてはやされるのだと今回気がついたのである。

posted by 敏文 at 02:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月02日

タマゴを育てるとハズレ当たり

てんぐー1.gifタマゴタケもたまごから、テングタケもたまごから
てんぐ−2.gif卵が割れておおきくなるが、割れるか割ってみるまではわからない。
てんぐ−3.gifやはり全部ハズレで、テングタケは毒きのこ。
てんぐ−4.gif
タマゴ出る.gifこちらが当たりのタマゴタケ。
posted by 敏文 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記