2014年02月09日

西武池袋線

西武線.gifそうそう、この前の大雪の日、バトラー終わりに帰ることができるか心配だったのだが西武線はなんとか動いていた。

豊島園行きに乗り、練馬で次の電車を待つ。
反対のホームの電車はどうやらここが終点らしい。 ドアが閉まっている・・・が中に人が乗っているではないか。  少し視線を泳がせてみると、1車両にひとつだけドアが開いている。

アナウンスが流れて、反対側の車両は車庫にはいる予定だが、しばらく待合室としてお使いください、という。

なかなかの粋な計らいである。

最近、定規で線を引いたような奴、規則、規則ばかりの世の中にあって、西武鉄道は少し頭が良くなりかけているようだ。 

それだけでも今日は幸せな気分になった。

そしてまた、夜中の3時ごろになっても一向に雪は降りやまず、見渡すかぎり雪国。

ぽちを洗いに行かねばもったいないので夜中の散歩に。
ぽち釣竿をもって出かける。

ぽちは埋まりそうなほどの雪の中を走る走る。
そしてぽち洗濯終了・・・と踏み切りに近づくと、こんな夜中に踏み切りがカンカン鳴いている。

ゆっくり、ゆっくりと電車がまだ走っていた。
ポツポツと客が乗っている。

小手指に着くのはいつごろのことだろうか。
寝るには暖かくてよいだろう。
posted by 敏文 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記