2014年04月09日

自動翻訳機と東京オリンピック

東京オリンピックに備えて政府は自動翻訳機を本気で開発に乗り出すべきだ、と私は思う。
それに対抗して、通訳は機械に勝つ能力を身につけよ。

文学的能力、科学的知識、文化的、宗教的知識、は特に必要となるだろう。

それにつけても、執事喫茶における私の上司たちの無知蒙昧はあきれるばかりのガキどもぶりである。
世界中から客がやってくるというのに、わたしはまいっている。

今回はどう説教したら理解してもらえるのだろう。
世界有数のバカどもである。


posted by 敏文 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

バカの続き

岩顔.gifあまりバカバカ言っていると「お前はどうなのだ」と言われそうなのでこれがラスト。

もちろん私もバカのひとりではある。
バカと知っているバカとバカと知らないバカを比べると、知らずに公論を述べる大馬鹿よりは少しはましなバカ、というところだろうか。


・・・と話は戻って、元々の時論公論はもうあちらに置いといて、昨日だったか、またまた理研の会見の前に某ワイドショーの解説に竹内薫さんが出ておられた。

おお、これはまともなご意見を聞くことができるだろうと思って、某ワイドショーを見ていた。

そうしたら案の定納得できるお話で、私の見解とあまり変わらないが、わかりやすく加工した写真の件は「してはいけないこと」とおっしゃっていた。

私流にいうと疑われる様な下手な演出というところだろう。
いっそのこと継ぎはぎをした部分を枠で囲んで説明文を加えれば良かったのではないだろうか。

竹内薫さんはとても知的でわたしも尊敬するおじさんのひとりである。

そう、あのサイエンスZEROのおじさんである。
posted by 敏文 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記