2014年10月31日

サバ犬ポチは疲れた

さばぽ−1.gif最近ポチ子はサバ犬と呼ばれている。
横っ腹の模様がサバのようになってしまったからだ。
年をとると白髪が増えて模様が変わってゆく。昔の写真と比べると別犬のようである。
疲れたポチ.gif山で遊んでポチは疲れた。 車からもう降りられないほど疲れた。 しばらくはおとなしいばあさんだ。
ダニ.gifマダニに食いつかれてこんな大きく膨らんで、いっぱいいっぱいいるので、私も一匹にかみつかれた。

そういう時はベンジンを使う、脱脂綿にベンジンをしみこませてチョンチョンとやっていると大抵死ぬ。
時にはしぶとい奴もいる。

今回はフロントラインのお世話にならないとだめだな。
posted by 敏文 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月26日

語録-47

年を重ねると視界は狭くなるが、心の中の視野は広くなる。
posted by 敏文 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月25日

久しぶりの富野さんらしい作品を見た

夜中にレコンギスタをやっと見た。今まで見ようとしてつい忘れていたが、やっと見る事ができました。

ふふーん、とにかく久しぶりに富野さんらしいものを見ました。
富野さんらしくてこれ、けっこういいな。


でも、宇宙エレベーターはできないんじゃないかと思う。
大気の流れは無視できない。
posted by 敏文 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月24日

amarcord 思い出のインスタントラーメン

もう一度食べたいが、もうないインスタントラーメンがある。
皆さんもないだろうか?

昔々、私の父親が学校の生協で(父親は教師をしていた)買ってきた即席ラーメンなるものを持ち帰った。
即席ラーメンというものが当時まだなかったので、(松本になかっただけなのかもしれないが)、とにかく身近になかったので珍しいものだ。

少し長いパッケージで干しシイタケとエビ、ネギが乾燥したカヤクとしてついていて、麺は四角く固めた乾麺である。  味は醤油味でエビとシイタケのだしがよく効いていた。 作り方に従うと5分以上煮るので、汁がなくなって麺のドロドロ地獄になる。

これがまあなんだかとても美味かったのを記憶している。

それからしばらくして、世の中はインスタントラーメン時代になったから、その即席ラーメンはすぐ無くなってしまった。

松本では、チキンラーメンというと日清ではなく明星のチキンラーメンが流行っていたので、私は大人になってから日清のチキンラーメンを初めて食った。

明星のチキンラーメンも無くなってしまったが、今でも小さなラーメンが幾つも入っているチキンラーメンを買うとその味だから、明星のチキンラーメンを恋い焦がれることはない。

恋い焦がれるラーメンは、その生協の即席ラーメンである。

時々乾麺を買ってきて、干しエビと干しシイタケを使ってそれに似せようとしても、なかなかうまくゆかない。

皆さんの食べたいがもう食えないインスタントラーメンを教えてください。
posted by 敏文 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月23日

語録-46

人はみな、いや生物はみな、いや、凡人はみな、身近な話題を最優先課題と位置付ける。 
身近でない話題や、難解な話題は理解しようとすらしない。 自分に都合の悪い事実はできれば蚊帳の外に置こうと試みるものだ。

そういった風潮を批判するのはとても疲れる。
posted by 敏文 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月22日

さて、私は右翼のおやじとは喧嘩をするので右翼ではないが

私は決して右翼ではない。 どちらかというと左である。

しかし取っ手がついているウチワと、ついてないウチワ、証紙が貼ってあるウチワと貼ってないウチワを配る罪を天秤にかけるとどちらも無罪として釣り合うのが科学的見解である。

大自然の中で、どうしても用を足したくなったからといって死ぬまでトイレを探さなければいけない理由は全くない。 軽犯罪を犯しても、個の命を守るのは個の権利に含まれる。

規則ばかりを神のように崇拝するのは日本人の最悪の慣習である。

いかに美人でも、あまり美しくない女性大臣を貶める議員は私は魅力的とは思わない。

ヘイトスピーチも大嫌いだし、放射能とは何かを知らないで原発反対を唱えるおじさんおばさんも好かない。
在得会の親玉もサルだから、ゴリラを演じた橋本市長の勝ち、やくざにはやくざの様に、弁護士には弁護士の様にふるまうのが効果的と私も日頃思っている。

重ねていうが、私は右翼ではない。

弱いものいじめはするな!!!



posted by 敏文 at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月21日

なにゆえ松平は執事喫茶を辞めたか

 そろそろ良いだろうから、これも書いておかなくっちゃな・・・と思う。

 そう、今更ながらに懺悔をすると、池袋のスワロウテイルという執事喫茶で2年程アルバイトで執事をしていた。  源氏名は松平と言う。 そろそろいいだろう。
 何故やめたか、の前に何故始めたかを話さなければいけないだろう。
 もう60も過ぎると知性は増えるが、新鮮さは滅亡する年頃、一般の会社では定年を迎える年である。
 まあどこの職場でも若者や女性に受け入れずらくなると退職を迫られるのは、甘やかされたおじさん達も例外にもれず、天才、秀才以外はそろそろ・・・の段階に自然にいたるのである。
 然るべくして、収入も減るから別の環境に生きるすべを探ろうとするのは凡人の当然の行いであろうか。

昔、誰もスリーピースなど着ていないころ、三つ揃え滝沢と呼ばれていたことは既にお話はしたと思うが、けっこう私はフォーマルが好みだった。 今はというとアウトドアな機能性を優先するが、若いころは誰も着ないオールドファッションなフォーマル男だったのである。

そんなこともあって、この年になったらモーニングや燕尾服姿の仕事なんて一生に一度はやってみないと気が済まないではないか。

・・・というわけで執事喫茶の面接に行くことにした。
客商売も苦手だったし、テーブルのスケジュール管理なども苦手なことだったが、フォーマルの着こなしでは、ちょいとうるさ方であって、私のそれに比べると先輩たちのそれは私にはアニメ的だったり、とってつけた感がいっぱいでどうもいただけなかった。

「みんな偽物だ」
でもしばらくは客商売ができるかどうかやってみようと続けることにした。
毎日押し寄せるそちら方面のお嬢さん、おばさん、お姉さん、おばあさん、等々、殆どはイケメンフットマンと目を合わせたくて、あるいはペアーのお相手を捜しにお出かけである。

中には、私の知的なお話し目当て、という方もたまにはおられたし、私自身を「イケメン」とおっしゃる若い子もいたりするから「世の中は好き不好き」というか「蓼食う虫も・・・」とはこのことか、と思ったのである。  そういった変わり者のお嬢さんや奥さんがいる間は止められんものである。
まさに望まれる事の幸せ感を勉強した。


続けている間に良輔さんから「監督やる?」っと電話があったり、あちら方面から「絵コンテ」の依頼などもいろいろあったりしたが、都合上断らなければいけないこともあって。
いくら望まれていても、執事喫茶に努めている限り、逆に貧乏になるばかり。




 
 

 
posted by 敏文 at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 風俗

2014年10月20日

只のメモ

リンゴが落下するとは、地球の引力に引きつけられて地上に落下する事。
地球が落下するとは、太陽に落ちる事。
木星が落下するとは、同じく太陽に引き寄せられる事。
太陽が落下するとは、銀河系の中心に引き寄せられる事。
私が彼女に落下するとは、恋に落ちる事をいう。
posted by 敏文 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月19日

語録-45

コガネムシタンポタケはコガネムシに憑き、カメムシタケはカメムシに取り付く。
アリタケはハチタケに憑くことは多分ない。

皆さん、これを皆さんのセンスで解釈してみてください。
posted by 敏文 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月16日

なかなかな雲

なかなかなくも.gif
posted by 敏文 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月07日

珍しいキノコを紹介しよう

ジャガタケ−1.gifおそらくイモタケかジャガイモタケ。
図鑑の旧版にはクラマノジャガイモタケ・・・とある。
キノコの名前は時々変更されるのです。
ジャガタケ−2.gif割ってみると、トリュフに似ている。
食えるかどうかは不明です。
posted by 敏文 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月05日

ノリタマゴタケウニスパ

たまごうにすぱ.gif今年はタマゴタケがたくさん採れたのでよい保存法を開発した。
細かく刻んでオリーブオイルと醤油でいため、酒粕に漬ける。 これで長期保存が可能である。
プロは醤油を使うのを嫌うが、なぜならばタマゴタケの黄色を損ねるからだ。 しかし醤油を使うとサフラン色ではなくなるが、ウニ色になる。
そう、粒ウニのビン詰めのような味わいになるのである。
ウニのパスタは粒ウニのビン詰めを使うとおいしいでしょう。

この保存したタマゴタケの粕漬を使うとウニのパスタに匹敵する高級パスタがいつでもお手軽に味わえるというすんぽうである。
ノリを刻むのが面倒くさければ「のりたま」をかけると美味しい。
これはどなたに食わせても美味いと評判である。

posted by 敏文 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月04日

霧の中

きりのなか.gif霧の中、山奥へ向かう。
霧が晴れると真っ暗な森。


「われわれはもう殆ど「夜」を持たなくなってしまった。 どんな秘密な遊びも、隠密な犯罪も、厳密に「夜」には属さない。  (三島由紀夫)」


これから私は間もなく、人がほとんど持たなくなってしまった「夜」に到着する。
posted by 敏文 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記