2014年11月02日

何故松平は執事喫茶をやめたか−2

松平.gif松平が執事喫茶を辞めた理由パート2である。
執事を続けていると貧乏になるばかり、客に望まれる限りは居ようと思ったのだが、ある日こんなことがあった。 
横並びの3人ほどの上司の一人が契約書をもって「松平さん、今回最低賃金がこのようになったので契約内容が変わります」とはんこを押せという。
法てぃ賃金が変わるたびに、後追いでいつも10円、20円、上がる契約をするのだが、今回もそれだ。

ハンコを押して一週間後、その上司が青い顔をしてやってきた、「大変申し訳ないのですが、上がるのは若いフットマンだけでジジイ執事は上がらない、訂正印を押してください」ってなことを言い出す。
私はというと「そのままにしておきなさい」と、私。
「そういうわけには・・・」と彼、
「君が言い出したことなのだから、君の一存でそう決めなさい!」と私、
「そういうわけにもいかない」と彼、
「じゃあ君のギャラから月、その分引いてつじつまを合わせればよろしい」と私、
「そういうわけには」と彼、

時給10円20円の事が自分の一存で決められない上司は全くガキ以前の問題で、小学生以下としか思えないのである。

我々の世界では、1千万の事が現場のラインプロデューサーの一存で殆ど決まる。
勿論、後の承認はひつようだが、プロデューサーが大丈夫といったらほぼ大丈夫だ。
わたしは「いずれ変えてあげるが、今はそのままにしておきなさい」と言い捨てて家路についた。

・・・
毎日、終礼なるものがあって「何々をいたしましょう」てな、北朝鮮チックなことを唱えて時間を費やしているので、辞める三日ほど前か、壇上に立って私は叫んだ「忙しいジジイの貴重な時間を奪うな!!」
posted by 敏文 at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記