2015年03月24日

ガンとオチカズキになること-3

気管.gifあまり長い間更新しないと死んだのか、と思われるのもまずいので、気管はなんでもなかった。 そして私はげんきである。

元気であるのは良いのだが、ノドが圧迫されていて飯が食えないのと、声がでないまま一ヶ月も治療なしでは困る。 患者のことなど考えているとはおもえないのである。

早いとこ私としては放射線治療だけでもしてもらって飯を食いたいのである。
一時的にだとしても放射線治療で圧迫が取れるというのはどの医師に聞いても同様だからだ。
担当の医師はどうしても抗がん剤と同時にやりたいらしい。

私は時々気持ちが折れそうになる。 なんに折れそうになるかといえば、ガンに折れそうなのではなく、死の恐怖に折れそうなのでもない。
担当医師と議論が出来にくいことに気がおれそうなのである。

4-に続く

posted by 敏文 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記