2015年04月15日

癌とお近づきになる事-4

Untitled.jpgさて、私よりもショックを受けている人がいるようだ。
それに該当する読者の方には大変申し訳ないが、通過して大人になっていってもらいたい。

現在の私の様子は分類的にはステージ3、食道がんである。 ただいま放射線治療に毎日通っている。
ポチを車に乗せ、ポチの散歩も兼ねているので一石二鳥である。

平均的な医学的見解はというと、放射線治療だけだと一年後の生存率がゼロパーセントだそうだが・・・私は抗がん剤を拒否した。 なぜか・・・主治医が抗がん剤のメカニズムを説明できなかったからだ。

こういうとまたショックを受ける人がいるので、少しオブラートに包んでおこう。
まだ奥の手はいろいろあるのだ。 只今、その奥の手のいくつかを実行している。
只今、ポチとどちらが長く生きるかを競走している。
条件的には、ポチのほうがずっと有利である。

そんなある日、リョウスケさんから電話があった。
タグ:生存率0%
posted by 敏文 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記