2015年05月05日

その-12

Untitled.bmp昨日より今日の方が更に声が復活。
ポチも言うことをきくようになった。
体重も増加に転じた。

一年で死ぬといわれたが死なない気がしてきた。

いつも喧嘩になる主治医が、悪いことだけでなく、内科らしい気配りをした。
尿酸値が高くなっていたので下げる薬を処方したのだ。

放射線治療では細胞がどんどん破壊されるのでプリン体も出るは出るは・・・尿酸値が恐ろしく高くなるのだ。

この医者が見張っていなければ痛風になるところだった。
初めて主治医の一人として認めた。
タグ:抗がん剤は
posted by 敏文 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記