2014年09月06日

考えすぎることの迷宮

meikyu-.gifそう、クモもよく考えて建築物を建てている。
まず、3方向にエッフェル塔型の縦糸を紡ぎ、そこに柔軟度の違う横糸を螺旋に張ってゆく。
硬さの違う素材を組み合わせて見事な建築をする。
この巣の作り方は既に遺伝子に組み込まれている。

遅ればせながら、人間もつい最近になって巨大建築物を試行錯誤の末にたてられるようになった。
そのほとんどは既に崩れ去っている。

発明をしたり、発見をしたり、芸術の世界だって、スポーツの世界だって、高みを目指すとしたら考える事の迷宮に陥らないと先に進めない。 

迷宮だから迷うことの不安や目まいを感じることは当たり前。 
「そんな面倒くさいこと考えなーい!」というお姉ちゃん、お兄ちゃん、おじさん、おばさん、もたくさんいるが。

わたしは「面倒くさい事」を考えないと生きてゆけない生物なのである。




posted by 敏文 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103263079

この記事へのトラックバック