2014年09月08日

ポルチーニと紫の怪物

ヤマドリタケもどき.gifこちらは富士山のポルチーニモドキ、つまりヤマドリタケモドキである。
以前北海道の美深のキャンプ場にたくさん生えていた記事を書いたのと同じキノコ。 当時はあまり詳しくなかったので食べなかったのがなんとも悔しい。 つまり知る事は苦しみを増す良い例だろうか。 あのキャンプ場に生えていた映像を思い浮かべるたびに悔まれて仕方がない。 「据え膳くわぬはなんとやら」とはこのことだろうか。
匂やかなマツタケクラスのいい女が目の前に居たのに、毒を恐れて手を出さなかったのは一生忘れはしないだろう。
遺伝子を調べるとポルチーニとは少し違うようだ。 しかし味はほとんど一緒。
今回は据え膳をいただいた。
むらさきの.gifこちらも以前登場しているが、とてもきれいな色を見せていたので再度登場のオオムラサキフウセンタケ、食えるが少しゴムくさいような気がする。
料理法を一工夫したい。
posted by 敏文 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103347442

この記事へのトラックバック