2014年10月04日

霧の中

きりのなか.gif霧の中、山奥へ向かう。
霧が晴れると真っ暗な森。


「われわれはもう殆ど「夜」を持たなくなってしまった。 どんな秘密な遊びも、隠密な犯罪も、厳密に「夜」には属さない。  (三島由紀夫)」


これから私は間もなく、人がほとんど持たなくなってしまった「夜」に到着する。
posted by 敏文 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104203194

この記事へのトラックバック