2014年10月05日

ノリタマゴタケウニスパ

たまごうにすぱ.gif今年はタマゴタケがたくさん採れたのでよい保存法を開発した。
細かく刻んでオリーブオイルと醤油でいため、酒粕に漬ける。 これで長期保存が可能である。
プロは醤油を使うのを嫌うが、なぜならばタマゴタケの黄色を損ねるからだ。 しかし醤油を使うとサフラン色ではなくなるが、ウニ色になる。
そう、粒ウニのビン詰めのような味わいになるのである。
ウニのパスタは粒ウニのビン詰めを使うとおいしいでしょう。

この保存したタマゴタケの粕漬を使うとウニのパスタに匹敵する高級パスタがいつでもお手軽に味わえるというすんぽうである。
ノリを刻むのが面倒くさければ「のりたま」をかけると美味しい。
これはどなたに食わせても美味いと評判である。

posted by 敏文 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104220950

この記事へのトラックバック