2009年02月09日

コツコツとドアをノックする音がする

RcRc.bmp屋上のドアをコツコツとノックする音が聞こえる。
気にせずにお茶を飲んでいるとやはり時々、コツコツと音がする。

はて屋上に何方かがお出でているのかと考えを巡らすがそんなはずはなく、もし屋上に他人がいるとすると泥棒か宇宙人、泥棒ならば屋上のドアをノックすることなくこっそりと入ってくるだろうしバカ犬が騒ぎ出すことだろう。

宇宙人がドアをノックするのも考え難いというものだ。
頭の中に様々な候補を思い描いて、イメージのスライドショウが一つの映像で止まった。

その候補とは屋上に自然に生えて年々増えてゆくユリである。
勿論この時期になると種をまき散らした後の太いワイヤーの様に硬くなったユリの残骸が強風にあおられてガラスのドアをノックしているに違いない。

そう信じて数本のユリの残骸を折りすてる。
これでノックをするモノは居なくなるだろうと思ったが・・・

再び下でお茶を飲んでいるとコツコツとノックする音が響いてくる。
再び屋上で確認してもドアを叩きそうなモノは何もない。

いったい何方がおいでなのやら・・・。
posted by 敏文 at 02:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「春」かもしれませんね。
タイトル絵も、心なしかそれっぽくみえましたが…

こちら、西の方では、誰にでもわかるくらい春めいてきています。
浮かれネコも賑やかです。

明るい話題に乏しいこの頃、心をコツコツとノックして欲しがっているのは、多分私ばかりじゃないのでしょうね。

ポチコのかじった十円玉を、アップで見て、ひゃあああ〜ねじれてますっ!
しっかしまた、かじるって…何でまた…そんなモノ…
ポチコの世界に浸ると、何だか別次元に行けそうです。
Posted by ぽちのファン at 2009年02月12日 17:23
まあ確かにあいつは多少別次元の考え方をしているとしか思えない。

私だってくにゃくにゃの十円玉を道ばたで見つけてもまさか犬が囓ったとは思えまいねえ。

刑事物のネタとしてもずいぶんとリスキイなネタではあるまいか?
Posted by toshifumitakizawa at 2009年02月12日 22:12
ポチのファンさんのおっしゃる通り、きっと「春」の仕業ですよ(笑)

屋上のドアは一体、何で出来ているのでしょうか?

金属か、ひょっとしてプラスチックみたいなものでしょうか?

もしもコツコツいっていたのは、天気のいい日なら、あたたまったドアがほんのすこしではありますが膨張して…と想像してしまいます。

ちがうかな?
Posted by くま at 2009年02月13日 21:10
春がノックしていた、というのが粋ってもんかも知れないねえ。
Posted by toshifumitakizawa at 2009年02月14日 00:19
おぉ!
その監督の一言が、シチさんに聞こえてしまいました!

バレンタインは、シチさんに決まりっ!!
Posted by ぽちのファン at 2009年02月14日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26511708

この記事へのトラックバック