2011年04月27日

久しぶりのAmarcord 味噌餡のかしわもち

kashiwa.gifこの柏餅は味噌餡である。 普通味噌餡の柏餅というと白みその入ったあんこのものを想像するだろうけれど、今の私だってそうなんであるからそれが普通だろうと思う。

しかし私が小さい頃に食べた柏餅は普通の味噌に砂糖が混ざっていたのだろう、ちょいと甘めの田楽のみそのようなものが詰まった柏餅であったのだ。

別段さほど甘美な昔の思い出・・・と言うわけではない。 だいたいが楽しい思い出なんていうものが存在しないわけだから・・・ 
そしてその味噌餡の柏餅だが私はしょっぱくて嫌いだった、同時に作る潰し餡のものの方が好きだった。 毎年玄関のあたりで餅つきをしていた正月の餅つきと記憶上は景色が混じっているが餅だったと思うが、ひょっとして粉をこねた団子のような皮だったのかも知れない。
家の裏庭に大きな柏の木があってその葉を塩漬けにしたものやらそのままだったものやらも憶えていない。 まあ思い出はいい加減に化ける物である。
とにかく正月のもちも、柏餅も人々が玄関前の庭に沢山集まって沢山作られていた。 
だからきっと甘じょっぱい柏餅は我が家だけのものでなかったことは確かである。 甘じょっぱいと表現する。 甘辛いなどとは言わない。
それ程しょっぱかったのである。
posted by 敏文 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44602261

この記事へのトラックバック