2012年05月13日

大正レトロなパン

タカセのパン.jpg池袋駅のすぐそばにタカセというパン屋さんがあり、もう40年も前から目には付いているものの一度も入ったことのない、なんだかその当時からオシャレでなく、当時から今時のパン屋でなく、なんか浅草にでも古くからありそうなパン屋がずっと存在している。 なんて私が言うのも失礼なほど古くからあるパン屋さんらしい。
古くからあるということはあのビルもあの土地もパン屋さんの物だとすると相当な資産の持ち主であるがうらやましくもあり、高嶺の花でもあるけれども、もし私があそこの家に生まれたとしたら果たしてパン屋になっていただろうか?・・・などとくだらない事を考えてもしようがないが、おそらく当たらない映画を作って身上をつぶしていたことだろうなどと妄想を膨らましても意味はなく、パン屋の遺伝子を持っていたらパン屋を継いでいたかも知れない。 

逸れるのはそのぐらいにして今回勇気を振り絞って・・・というほど大げさな事では無いが古くからあるのだから旨いのかも知れないと思ってタカセに入った。
そして写真のパンを買ってみた。    うーんレトロな味。
このバタークリームとアップルパンの組み合わせがけっこうおいしい。 最近で無い感じが旨い。
きっと古くからのファンがいるのだろう。 一番ビルの上が喫茶店で、二階か三階が洋食屋さんでハンバーグとエビフライがけっこううまそうである。 
このあたりのサラリーマン御用達なのかも知れない。
行ったことのある方ご一報を。
posted by 敏文 at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55813770

この記事へのトラックバック