2012年07月17日

いじめについて

kamono.gifいじめ事件が起こる度に私は10年ほど前だろうか起こった事件を思い出す。 いじめられた子の父親が相手の家に押し入っていじめ相手を縛り上げ脅したんだったか、詳細は憶えていないが、とりあえず刑務所に入ることを覚悟で一人で行動に移した極めて同調できる父親の事を憶えている。 私だったらおそらくまったく同じ事をしただろう。

暴力を推奨するつもりは全くない。 縛り上げた上で相手が議論におうじるならば議論だけで済ませてもよいが、あまり考えられないシナリオである。


ウチの娘も中学が荒れていて行きたくない事件があったのであるが「学校行きたくなかったら行かなくていいぞ」と私もかみさんも毎日言っていたような気がする。

ウチの娘も例えばいじめられたのかどうかは定かではない、彼女もあまり親に相談を持ちかけるタイプではないと思うのである。

仮に例えば親が子供にいじめられているという相談を受けたとして、それがいかにも本当らしければ親は学校を当てにせず包丁を持って相手の家に攻め入るべきである。
最低でも学校へ行かなくてよいと言うべきである。
posted by 敏文 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57086321

この記事へのトラックバック