2012年08月31日

放射能とは(解りやすい説明)

放射能.gifさて、放射能(放射線)とは、図のX線、γ線のことである。 α線、β線などもあるが省略する。
 それより少し波長が大きくなると紫外線。 波長の小さいこの放射線と紫外線がどうやら遺伝子に悪さをするものらしい。

紫外線よりも波長が大きくなると可視光線、そう、我々が見ている光がそれにあたる。
可視光線よりも波長が大きくなると赤外線。

紫外線は紫に、赤外線は赤に色づけされているが実際は見えない。 赤外線こたつは色を付けて有るだけだ。

赤外線よりも大きくなると電波である。 世間の人々はこれらがみんな波長が違うだけとは思っていなかろう。  

いっとき電磁波恐いブームもあったが、本当に恐いのは普通電磁波と思われていないものたちである。

可視光線が恐いと言っていたら我々映画業界はあがったりである。
posted by 敏文 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57903530

この記事へのトラックバック