2012年12月08日

007と人生の特等席

007.gif007を始めて見たのは劇場だったかテレビだったかよく思い出せない。
大学時代には既にショーンコネリーでは無かったような気がする。
これほど長く続いたシリーズものは他にあるんだろうか? ちょいと思い当たらない。

今回のスカイフォールはアクションものとしてはとても良い出来だ。
007シリーズでは初のアカデミー賞監督だそうでカメラがあまり動かず格調が高い。
だから字幕が読みやすい。
ジジババが格好良くそこがまたよい。 
そろそろ格好良いジジババアニメを作りたいと思っている。

こういう映画を見た後には少しハートウォーミングを求めるもので、クリントじいさんが監督をしていないのでテレビ放映まで待とうと思っていた「人生の特等席」を次ぎの日に見てしまった。
演出は今一歩だけれど気分よく余韻を残してくれて満足。
やはりこんなジジイにあこがれる。
posted by 敏文 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60605327

この記事へのトラックバック