2013年06月02日

文化系の数学(非ユークリッド幾何学)

非ユークリッド幾何学.gifそう、文化系は計算をする必要はなく、理屈だけ理解すればよい。
本題に行く前に一つ・・・たまたま出くわす現象だがな、言葉だけ覚えて回答に正解してもあまり意味はないと私は考える。

よくある話しだけれど、有る現象を何故か説明を加えるのに・・・たとえば「表面張力によるものなのです」と言われると「へえー、そうなんだ」と感心する輩が多いが「表面張力ってなあに?」と子供に訊かれてちゃんと説明できる人はめったに居なかろう。 言葉だけ知っているからといって解った気になっているのはとてもケシカラン話しである。 
それは国語であって理科を理解したのではないのである。
表面張力は一旦棚上げにして本題の文化系の非ユークリッド幾何学へ
posted by 敏文 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68744679

この記事へのトラックバック