2014年04月03日

時論公論の馬鹿−2

stap.gif時論公論はいつものことなのでもうどうでもいいが・・・理化学研究所・・・いったいどうしたの。
前と言うことが違うじゃない。

論理的でないぞ。

どうやらおじさん達やヤクザはマスコミや権威と脅しに弱いらしい。

マスコミがそっぽを向くし、おじさん達も頼りなくフニャフニャなので、女性として好みでは無いことを言明した上で、売れないアニメ監督のジジイが「小保方頑張れ党」を結成することにする。

判りやすくデジタル処理された画像は捏造ではなく、疑われるような演出をしてしまっただけではないだろうか。
本来「判りやすくデジタル処理をした」と論文に書き添える必要があったのは確かだろう。


全部は把握していないのであまり確かな事を言っているとは言えないが・・・

怪しいアニメ監督のジジイよりも、見解が怪しい理化学研究所の調査員の翻りである。



何の得にもならないが、今の内に「小保方頑張れ党」を結成しておく。
この秘密結社党に賛同する者は一報いただきたい、言って置くが・・・賛同しても何の得にもならない。



とはいうものの理化学研究所のキノコパーティーは良い。
posted by 敏文 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92347753

この記事へのトラックバック