2015年03月14日

「食道ガン」とオチカズキになる事

「商人が船乗りに向かって、お前のおやじは何で死んだかと尋ねたら、船乗りが、父も祖父も曽祖父もみんな海で死んだと答えた。商人が驚いて、それでもお前は海に出るのが怖くないかと聞くと、今度は船乗りの方で、お前のおやじや祖父さんや曽祖父は、どこで亡くなったかのかと問い返した。そこで商人が、みんなベッドの上で死んださと答えたら、船乗りはびっくりして、それでもお前さんは、ベッドに寝るのが怖くないかと云った。」百鬼園先生幻想録 内田百閨@より。


ある日いつものようにスカッシュの練習を、少しだけハードにしていた時のことだ。
「のどが渇いてひっつくなあ」と思いながらも、もう少し続けようと、ひと段落するまで続けてコートの外に出ると、声が出なくなっていた。
水を補給すると出るかと思い、水を飲むとやけにむせるのだった。
「さてどうしたのだろう?」と思った。

posted by 敏文 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月06日

ガン

えの−1.gif
えの−2.gif
えの−4.gif写真は3日間観察した公園のエノキダケである。
4日目には私の食道を通過して胃の中に納まった。
胃の中に納まった写真は撮影できなかった。
代わりに胃カメラを飲んだ。
胃はなんでもなく、
早い話が食道癌だった。
だから皆さんへ。
3月のバーーベキューは延期にして、夏のフレンチで再び会う事にしましょう。

私は極めて元気なので心配には及ばない。
暫し放射線治療などの必要から、埼玉病院が行きつけの店になる予定である。

少し語り口を童話ファンタジー風に変え・・・
私は、このほど、サー.ナゾーリンゲン博士のご助力により、緩き禁酒法同盟の赤き超新星である、アルカポネールの天敵たる、エリオット男爵の発案によるところの、謎の権威ない、「ガンと闘う売れないアニメ監督」というけっこうな称号を拝領する次第となった。

次回「食道ガン」へと続く。
posted by 敏文 at 01:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月05日

アメリカンスナイパーを見てきた

ウメみかんアメリカン.gif本分が大分あとになってしまいましたが、れいによって「アメリカンスナイパー」を見てきた。
私は良い映画だと思う。

アメリカン右翼的だ、と批判する向きも多いが、それはあまり当たっていないだろう。
「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」の用に二本立ての一本と理解するのが良いと私は思う。

本来ならば「アメリカのスナイパー」「イラクのスナイパー」の二本立てを作りたかったのだが、「イラクのスナイパー」は作るのが不可能だからだろう。

どなたか「イラクのスナイパー」を作ってペアにしてあげたらどうだろうか。
posted by 敏文 at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月02日

カラスの集会

カラスの集会.gif毎日、石神井公園ではカラスの集会がある・・・らしい。
posted by 敏文 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月18日

みんなの神社

神社−2.gifそう、近くの小さな公園に、寒い時期になると、毎年現れる赤い実のお供え物。 どこから取ってくるのか、この辺には見当たらないこの赤い実、何の実だったろうか。
神社−1.gifどうも、子供達の新興宗教的な神社らしく、あちこちの木の周りに飾り付けられている。
神社らしいから神道には違いないが、どちらのカミサンなのだろうか?
公園の神?
posted by 敏文 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月15日

バレンタイン商戦

に乗っかった娘からもらったチョコレートが美味かった。
赤いつやつやのハートのトリュフやら、四角いトリュフやらもおいしかったのだが、それのおまけに引っ付いていた、あまりおいしそうでないやつ・・・そう砂糖づけのドライフルーツにちょこりとチョコレートがひっついたよくある不味そうな・・・なんていったっけあれ・・・が食べてみたら感動的に、天才的に、夢の様に美味かったので新発見である。

 こういうのを作ったお姉さんか、お兄さんか、おばさんか、おじさんか、おじいさんか、おばあさんかは知らねども・・・まさに天才である。
 くれた娘に感謝したい。
posted by 敏文 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月11日

新説いや珍説ほうかんるり

IMGP2906白子川に映る夕.gif
うかんるりの続編である。

「はうかんるり」だとすると「ほうかんるり」と読むので「宝冠瑠璃」を当てたがる向きが多いようだが、それはそれでいかしている・・・と思うのだが、鉱物マニアとしては違う説を唱えてくなる。  昔から中国には和田玉(ほうたんぎょく、ホウテェンギョク)と呼ばれる玉がある。
 和田とはシルクロードのちょいあちら寄り。
ギョクとはいうもののヒスイではなく、軟ギョク(ネフライト)に属するものだが、和田玉に限っては高値で取引されてきたもので、加工品は宝物殿に置かれるような価値のある石なのである。 今でも、軟ギョクのくせに高価なので私は決して買おうとは思ったことがない。

瑠璃とはラピスラズリのことで、アフガニスタンで取れる青い石の王様である。
あちら方面では、アフガニスタン、パキスタン、などタンが地名に引っ付く場合が多い。
アフガンにもホウタンという場所が無いともかぎらん。
古くはガラスを瑠璃と言ったり、宝石の事を瑠璃と言ったりしたので。ギョクも瑠璃のうちである。

でたらめとしても、作者とは教養をひけらかしたいものである。
くらもちの皇子のでたらめに和田の瑠璃(ほうたんのるり)「ほうかんるり」と言ってしまった、事にした。
・・・というのはいかしていないだろうか・・・と思ったのである。

「アブラカダーブラ」なんていうのも「アブラハムカダフブラーハム」なんてところかと思うのだ。
でたらめも、元がある。


余談だが、中国には烏丸(ウカン)という地名があるようだ。 烏丸瑠璃かもしれないし。

日本にも有漢町というのがあるらしい。 その辺にお住まいの方はおられぬだろうか。
ウカン民族が流れて来たのかも知れないなどと想像してしまうのである。

私は歴史家ではないので単なる思い付きである。






 


posted by 敏文 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月08日

三種の足跡

karasuASHI.gif多分カラスの足跡と
pohitoHITOASHI.gif人の足跡とポチの足跡。
人の足跡だけは多様な模様である。 生物学上の特徴は殻に包まれよくわからない。
posted by 敏文 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月04日

永井荷風語録−1

ゆら.gif国民一般の政府の命令に服従して不平を言わざるは恐怖の結果なり。 麻布連隊反乱(2.2.6事件)の状(さま)を見て恐怖せし結果なり。 元来日本人には理想なく強きものに従ひ、その日その日を気楽に送ることを第一となすなり。

わたしもかなり同感である。
突然変異もたまに居る。
posted by 敏文 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月03日

シリアル

穴.gif聖戦士ジョンは只のシリアルキラーなのではないか?
posted by 敏文 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月01日

ミュージカルの打ち上げに呼ばれてまた天王洲アイル

うちあげ.gif千秋楽の芝居は見なかったが、打ち上げ会場へ直接行くと、猪俣さんや、富岡さん、神山さん、と久しぶりに会いすこしばかりの会話をするが、その後GONZOの新しい社長を紹介されワインを飲みながらけっこう話が弾む。 私より年上で、落ち着いた話ができる人だ。 GONZOも一安心な感じである。 未来の仕事の話なども弾んだ。
芝居の演出家とも暫し・・・ではなく長く話す。

必ず一緒に仕事をしましょうと握手をして別れる。
役者さん達とも知り合い、今回はわざわざ打ち上げだけの為に行ったのだが、結構良い出会いに感謝する。

芝居では右京の歌がないので、この次は右京君も絶対に歌いたいと言っていたところを見ると、歌に自信があるのかもしれない。


posted by 敏文 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月29日

マナマートの芸術

芸術−1.gif10年ほど前は丸正という小さなマーケットがマナマートになった時に新装開店な雰囲気を出すために店の横壁に大きな新鮮な野菜や肉のパネルを張り出した。
そのままのありさまで今はナカヤになった。
芸術−2.gif前から風雨にさらされすぎて、デジタル処理をしたような模様がきれいだったので写真を撮ろう、撮ろうと思いながらカメラをもちあわせなかったのである。
今回はカメラを持ち合わせたので撮ることができた。
でも一番きれいだと思った時からすでに2年ほど経過しているので、もはや白っチャケテしまった。
posted by 敏文 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月26日

ポチを連れ

待つぽ.gif
買い物をする間、自転車の横で待っているポチ。
posted by 敏文 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月21日

サムライ7のミュージカル

銀河劇場.gifもう、おとといになるが、月曜に天王洲アイルの銀河劇場に、サムライ7のミュージカルを見に行く。
右隣の席にはNHK系列のお偉いおじさん、左隣りにはゴンゾの若い女の子。
皆さんと同じく、わたしも喜んで観劇し、感激し、なかなか面白う御座いました。

出演者はカツシロウを除き、皆さん歌がお上手で、キュウゾウが特に上手い。
カツシロウもあまり上手でないところが初々しくてよかった。

ミュージカルって凄いな、困ったらにするというのは演出技法の一つなんだ、と良いお勉強になった。

主題歌に相当するような良い歌が存在しないのが少し残念。

これを元に、大がかりなミュージカルアニメーションを創ったら面白いだろうがねえ。

posted by 敏文 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月16日

語録−51

しわ−2.gif
山脈は大地のシワである。
しわ.gif
posted by 敏文 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月11日

そのカメラ

pentax.gifその新しいペンタックス、これでも一眼レフである。
とても小さくてきのこ狩りに持って行くにはとてもよい。 来シーズンが待ち遠しい。

その筋としては私はあまり硬派でないペンタックスを昔から愛用している。
父親が使っていたのをそのまま譲り受けてフィルム時代から使っていたからだ。
カメラは性能もさることながら、使い慣れた機種が腕を振るいやすいのである。

車と同じである。
そう、このQシリーズはとにかく小さくていいわ。
Xシリーズはでかすぎる。 きのこ狩りに持ってゆくにはとにかくでかすぎた。
・・・小さいだけでなく、安くて性能が良い。

今までのペンタックスの中で一番の出来ではないだろうか・・・と私は今のところ思っている。


posted by 敏文 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月10日

2015年01月08日

サンライズの近くで不思議な物を見つけた

キリシタン.gif最近某サンライズの企画室にひと月にいっぺん足を運んでいる。
毎月企画書を書いては足を運んでいる。
担当者だけは大喜びで「面白い」と言ってくれるのだが、なかなか作品になることがない。
企画書代にはなるのでありがたいと言えばありがたいのだ。
何故作品になりずらいかというと、クリントイーストウッドばりのジジイ主人公ものばかりだ。
「面白かったです・・・けど、どこにどう売ったらいいんだろう・・・」と、悩むのである。

しかしながら私のアイデアは尽きぬ。
もはやジジイ主人公もののメカものや、サスペンスや、Sfゃ・・・で幾つの企画書が積み上げられるかのギネスに挑戦しているかのようである。

 少なくとも担当者だけは私の企画書を待ち望んでいるような気がしている。


・・・というわけで最近久しぶりに上井草に頻繁に行くようになった。
昔、いたころに気付かなかったものをみつけたのである。
下井草寄りの小さな踏切のすぐ脇にお地蔵さん用のお供え・・・そしてあるべきお地蔵さんはなく、その位置には十字架である。

皆さん、これなんだと思う?


posted by 敏文 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月04日

正月早々語録−50

みんな.gif語録−50
人はみなそれぞれ違う糸を辿っている。 時々絡んだり、織りなしたり、別の流れに乗ったりしている。
posted by 敏文 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月03日

ポチからもあけまして

ポチコからもあけまして.gif我が輩からもあけましておめでとう御座る。
posted by 敏文 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記