2015年05月05日

その-12

Untitled.bmp昨日より今日の方が更に声が復活。
ポチも言うことをきくようになった。
体重も増加に転じた。

一年で死ぬといわれたが死なない気がしてきた。

いつも喧嘩になる主治医が、悪いことだけでなく、内科らしい気配りをした。
尿酸値が高くなっていたので下げる薬を処方したのだ。

放射線治療では細胞がどんどん破壊されるのでプリン体も出るは出るは・・・尿酸値が恐ろしく高くなるのだ。

この医者が見張っていなければ痛風になるところだった。
初めて主治医の一人として認めた。
タグ:抗がん剤は
posted by 敏文 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月03日

その-11

ゾウノかわ.jpg放射線治療に通い続けて、治療日だけを数えると20回目が過ぎ、少し広めに強めに、胸に当てている、これ以上当てると骨髄に損傷を与える可能性があるので、次回からはピンポイントで4方向から当てることになる。

さすがに15キロほどやせて全ての脂肪を使いきり、筋肉もずいぶんと破壊したから少々きつい。
皮膚もななめに当たったところが日焼けしたようになる。

放射線治療のメカニズムを紐解こう。

普通はX線を当てる、加速器で粒子を加速して当てると、癌の遺伝子も、健康な細胞の遺伝子も損傷し、どちらの細胞も死ぬ。

ただし、普通の細胞は一日で生まれ変わる。  それに対して癌細胞は何日かかかるのである。
その結果、筋肉も、他の健全な細胞も被害は受けるが、癌細胞のダメージが大きい、というわけである。
自然界でも微量の放射線によってそのメカニズムで我々の体は守られている。

実に、きついが、合理的な治療法である、と私は思っている。

大分声も出るようになったし、食えるようになりはじめた。

これからピンポイント攻撃が13回続く。
posted by 敏文 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月02日

龍三と七人の子分たちに出てきた風呂屋

風呂屋.gif以前紹介したうちの近くに唯一残っている風呂や。
「龍三と七人の子分たち」に出てきた。 ただし、もう潰れてしまった風呂屋としてである。
多分この風呂屋はまだ生き残っていると思う。

映画としては良い出来ではなく、コントを見ているようだ、シナリオがもう少し煮詰められるだろう。
いいアイデア満載なのに残念である。

でもジジババのカップルが久々に映画館に押し寄せていて、若者も混ぜ満員だった。
じじいが活躍する映画を待っていたのだろう。
良いことだ。

私のジジババアニメも実現してくれるプロデューサーを待っている。
posted by 敏文 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月01日

大戦が終わって一人の映画監督がつぶやいた

伊丹.bmp多くの人が今度の戦争でだまされていたという、いくらだますものがいてもだれ一人だまされるものがなかったとしたら、今度のような戦争はなかったにちがいないのである。
「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。

伊丹万作
タグ:第二次大戦
posted by 敏文 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月30日

その-9

輝安鉱.bmp埼玉病院に帰ると担当医が待っていた。
癌センターからの手紙を見て、やはり抗がん剤をやるべきです、という。
私の決意は変わらない。
担当医はご家族に会いたい、という。 私はというと、「妻も同意しているし娘も、私が死んだとしても動揺はしない」という。

担当医は家族を説得したいらしい。

そのうちにもう一人の医師が入ってきた。 意見を言うのか、と思ったが、何も言わずに聞いているだけだ。
担当医が立会人を頼んだらしい。

私のケースで抗がん剤を使わないと、評価に影響する事を恐れてのようである。
(命をかけて、こいつの根性のベクトルに影響を与えてやろう)と強く思ったのである。


しばしやり取りの後、「放射線治療は生涯に一度きりしかできないのです、抗がん剤を併用しないと癌を叩けないのです」と強く言う。
「なぜ一度きりなの?」   
「放射線は蓄積するのです」
「放射性物質は蓄積するが、放射線は蓄積しない」と私。
「知らんが、決まっているんだ!詳しいことは専門家に聞いてくれ!」
「主治医は専門家でなければならない」

・・・


「わかりました、患者さんが決める事ですから」・・・ふうーっと主治医は肩を落とした。

タグ:放射線とは
posted by 敏文 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月27日

その-8

雪の表面.bmp癌センターへ行くとゾンビがうろちょろしている。
なんとなく、みな生気がないのである。
こんなところへ入院したら私もゾンビになってしまう。 絶対にここへは入らない決意をして、医師に合う。

医師も気分が悪くなる程のいかにもサラリーマン的な、ヒューマンな心の持ち主でなく、情熱もなく、温かさも冷たさもなく、なにかメガネの億に邪悪な光を秘めた気持ちの悪い医師だ。まさにゾンビの医師だ。
しかし、いろんな説明を受けることは、決して頭を混乱させることではなく、決意を硬くするのに役立つ。

私のケースでは・・・と抗がん剤を使ったときと使わない場合の存命率のグラフを書いて淡々と説明する。
縦軸に人数、横軸に時間軸。  100人のデータである。

放射線治療のみの場合は1年後の生存率がゼロパーセント。
徐々に一人づつ死んでゆき、一年後に丁度100人目がゼロに接する。

一方抗がん剤を併用した場合は3年後に生存率が20%、曲線は3年後に20人を残して切れている。

何故100人のデータなんだろうか・・・?
「無意味な変なグラフだぞ・・・怪しい」 数学的センスがまるでないグラフだ。
やはり抗がん剤は成績が悪すぎる。

放射線治療とケトン食のコンビネーションを試してみる決意をし、早々に逃げ帰った。
タグ:畑に枯葉剤
posted by 敏文 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月23日

その-7

あかしろ.jpgそう、放射線治療が始まる予定だった日の事。
放射線科の医師に主治医になってくれ、と頼んだら、少し騒ぎになった。
「どうも担当医と信頼関係が築けていないようですねえ」
「立っていられる間は抗がん剤の投与は続ける、などと抜かす医師をどうして信頼できるのだ。そして幾つか使う予定の抗がん剤のメカニズムを説明できないとはどういうことか」
「では、セカンドオピニオンを試してみますか」
「セカンドオピニオンだと時間がかかるので診察ということで」
・・・というわけで紹介状とデータを持って有明ガンセンターへ行くことになった。
「時間がかかるようでしたらすぐ帰ってきてください」と言われて。

posted by 敏文 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月20日

癌とお近づき-6

白金.jpgいま、私には主治医が4人存在する。
一人目は前出の主治医にするには経験不足で頭のよろしくない主治医、私の質問に答えられない、説明する能力のない主治医である。   病院の常駐内科医であるのでしかたなく付き合っている。

二人目は今治療を受けている放射線科の、常駐でない比較的経験豊かな、質問に答えられる医師である。
私はこの医師に主治医になってもらえないか、と頼んだのだが、内科が主治医ですから駄目です、と言われてしまった。 「でも最善を尽くします」と言ってくれてている。

3人目は滝沢塾の塾生でもある主治医、彼は専門ではないので、比較的スタンダードな意見だ。

4人目は近くの開業医で何かといつも世話になっている。 癌のことも研究熱心で、漢方医の資格も持っている。 



posted by 敏文 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月19日

癌とお近づき-5

Untitled.jpgそう、良輔さんから久しぶりに電話があった。
「ちょいと新しいのをはじめかけているんだけど手伝ってもらおうかと思ってさ」
声が良く出ないので、私の話は通じにくい。
やっとの思いで私は癌で、いつ死ぬかどうか・・・てなわけであるのを伝える。

私はというと手伝うとも手伝わぬとも言わずに、良輔さんがらみで止まっている計画を抱えていて、「死ぬまでにアンモナイトを切りたい」と伝える。

良輔さんが金をだし、良輔さんの知り合いの石屋さんで、60センチのアンモナイトを二つ割にし、中を見る計画がとん挫したままになっていたのである。

「癌か・・・そりゃあ大変だねえ、分かった、分かった・・・死ぬまでにアンモナイトを切りたいんだね、さっそく用意する」
 死ぬまでに、「死ぬまでに・・・したい」を何回いうことが出来るか。
続く
タグ:死ぬまでに
posted by 敏文 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月15日

癌とお近づきになる事-4

Untitled.jpgさて、私よりもショックを受けている人がいるようだ。
それに該当する読者の方には大変申し訳ないが、通過して大人になっていってもらいたい。

現在の私の様子は分類的にはステージ3、食道がんである。 ただいま放射線治療に毎日通っている。
ポチを車に乗せ、ポチの散歩も兼ねているので一石二鳥である。

平均的な医学的見解はというと、放射線治療だけだと一年後の生存率がゼロパーセントだそうだが・・・私は抗がん剤を拒否した。 なぜか・・・主治医が抗がん剤のメカニズムを説明できなかったからだ。

こういうとまたショックを受ける人がいるので、少しオブラートに包んでおこう。
まだ奥の手はいろいろあるのだ。 只今、その奥の手のいくつかを実行している。
只今、ポチとどちらが長く生きるかを競走している。
条件的には、ポチのほうがずっと有利である。

そんなある日、リョウスケさんから電話があった。
タグ:生存率0%
posted by 敏文 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記