2015年01月01日

新しい

あけあけ.gif皆さん明けましておめでとう。
posted by 敏文 at 02:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月31日

年越しソバ

年越し蕎麦.gif大山君も了解。

先日行った雪の東北で新ソバのそば粉を買ってきたのだった事を思い出したので、早速年越し蕎麦を打ってみた。

私のはプロと違って簡単な短い田舎ソバである。

皆さんにも振る舞っておくことにしようと思って、再度良い年を。
posted by 敏文 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月29日

それでは皆さん

minasan.gif皆さん、良いお年を。
posted by 敏文 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月27日

サンタクロース講義に行って夜を撮って来た

夜−1.gif今回はクリスマスツリーに倉敷へ。倉敷ホテルに着いたところで、中川先生に連絡を入れると「7時半ごろにお迎えに上がります、いっぱいやりましょう」とのことで、暫しうろつく時間があるために、カメラを持って出かける。
よる−2.gif一時寂れかけていた倉敷も徐々に店も復活したり、夜を照らしたり、青色ダイオードの発明は思った以上に観光にも栄養を与えているようだ。
すこし景気が良くなりだしているということである。
特に日本的な特徴のあるところは、一時流行ららなかったが、ここのところ強みを発揮しつつあるあるように見受けられるのは私だけではないのではないだろうか。
よる−4.gif
夜−5.gif朝食のベーコンはもう少し焼けすぎぐらいが私の好みだ。 毎年幾つも食べていた蒜山ジャージーヨーグルトのパック詰めがなくなってしまって残念である。
パックを開けた時に上に幕のように張っていた固形物が美味かったのである。
楽しみの一つがまた無くなった。
夜−3.gif
夜−6.gif翌朝
いつも思うのだけれど、この家の玄関先に置いてある四角く割ったままの石・・・なかなか素敵だ。
夜−7.gif
posted by 敏文 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月24日

明日からは

さて明日から三日間倉敷へ、
今回はサンタクロースの講義である。
merryクリスマスツリー
posted by 敏文 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月21日

あらしの東北の旅

雪顔.gif予報どおり、吹雪の東北道を行く、事故もあったが辛うじてくぐりぬけ、順調に雪の中を走ること何時間か・・・反対車線は事故や大雪で渋滞が相次ぐのを横目で見て飯坂温泉に向かう。 昭和レトロなホテル寿楽へ一泊。
大雪で車も雪の中、ポチは喜んで雪の駐車場を走り回る。
バイキングは何を食べてもけっこう美味い。
ステーキの余りをポチに持って帰る。 うまそうに食ってまた走る。
凄い吹雪は止まない。
明日は吹雪の中を花巻まで、東北道は走れるだろうか。
なまりおんせん.gif何とか運よく花巻まで雪の中を走り、鉛温泉へ到着する。
普段は12月でこんなに雪が積もらないそうだが、ポチはうれしい。
ポチにとってはごちそうは昨日だけ、今日は質素な食事てある。
我々は古い深い風呂に感動を覚えつつ立って入るほど深い温泉のヘリにもたれつつ天井を見上げてみると、ずいぶんと高い天井や、まわりの窓ガラスの情緒たっぷりに感動するのであった。

鉛温泉の深い風呂はなかなかである。
皆さんにもおすすめしておく。
風呂の底から源泉が滾々と湧き出ている。
posted by 敏文 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月15日

そろそろ

そろ.gifそろそろ車にシャッと飛び乗れなくなったし、病気がちになってきたので、そろそろ、そろそろ、最後の雪遊びに、東北に連れて行こうと思う。
来年の3月ぐらいにポチと我が家でバーベキューを開催しようと思っている。
でかい肉を焼く。
肉嫌いには魚介も焼く。

スケジュールが合うかどうかは別として、参加希望者はどれ程おられるだろうか。ご一報いただきたい。
蚊が出ないまだ寒い時期がよいと思う。
・・・一応、ポチはかろうじて元気であるが、本物ではない。

わたしはそろそろ、と思っている。
その覚悟で、14歳まで生きてくれれば、性格は悪くとも、親孝行な犬に違いない。
posted by 敏文 at 05:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月13日

語録−49

gamann.gif
「仕事を覚えることは我慢を憶えること」などと言われるが、最近の風潮は仕事を覚えず、我慢だけを憶えているような気がする。
posted by 敏文 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月10日

語録−48

gareki.gif
することの後悔と、しないことの後悔。 私は常に前者を選んでしまうことを後悔していない。
posted by 敏文 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月04日

そこで一句-2

はえぎわ.gif
生え際におやじを見る     滝沢敏文
posted by 敏文 at 01:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記